前へ
次へ

不動産購入は幅広い物件情報から選択します

不動産購入は一生に一度の大きな買い物と言われており、結婚などで家族が増えた事を機に、新たに住まいなど

more

不動産購入を効率的に進める方法

不動産は土地や建物など、全国各地に非常に多くの物件が有ります。これから不動産購入を検討される方は、多

more

人気のある不動産購入のサービス

引っ越しなどをして新しい物件が必要なときは、便利な不動産購入サービスを使う方法があります。比較的簡単

more

不動産購入の基礎知識と流れを知ることが大切

不動産購入は金額も大きく失敗しないためには、基礎的な知識と流れを知っておくことが大切です。まず不動産購入の物件には分譲と仲介があり分譲物件とは売り主の不動産会社から直接不動産購入する物件のことで、分譲マンションや新築の一戸建てなどです。次に仲介物件とは不動産会社が売り主より依頼されて販売する物件で新築だけでなく、中古の物件もあり手数料が上乗せされることがあります。そして分譲の不動産購入する場合は、購入前に住みたい場所や家の種類や広さや間取りなどを決めておくことです。それから不動産購入したい地域のおおよその相場を調べて、自己資金の額や住宅ローンの借入金額なども確かめておきます。そのうえで購入したい物件をチラシを見たりインターネットでリサーチしたり、不動産会社を訪問して探していきます。それで希望する物件が見つかれば、現地に見に行ったりモデルルームを見学したりして確認します。そのあと不動産購入にかかる具体的にどれだけ資金がかかるのか諸経費を含めて計算します。そこまで決まれば不動産会社へ行き、物件購入を申し込むと宅地建物取引士から、購入物件の重要事項の説明を受け納得されたら売買契約を締結します。また住宅ローンを利用するときは住宅ローンの契約も交わします。それで住宅が完成すると残りのお金を払うと物件が引き渡されるので、買主は不動産の登記を行って住むだけです。仲介物件の場合もまず希望する条件を確認して、予算を決めて信用できる不動産会社を見つけます。それから自分が住みたい条件を会社に伝えるだけでなく、自分でネット検索したり広告などから探していきます。それで希望する物件が見つかれば現地調査したり、モデルルーム見学などを行います。そのうえで不動産会社に仲介を頼む場合は媒介契約を結びます。そして住宅ローンの金額や諸経費など資金計画を立てます。それで解体物件が決まれば不動産会社を通じて売り主に購入を申し込み、宅地建物取引士から、購入物件に関する重要事項の説明を受けて納得されたら売買契約を売り主と結んで、住宅ローンを使うときは住宅ローンの契約を結びます。あとは残金を払って引き渡しを受けると登記して、引っ越すだけです。

Page Top